2010年03月25日

「勉強頑張りたい」=心臓移植成功の男児、帰国し会見−秋田(時事通信)

 難病の拡張型心筋症を患い、昨年7月に米国での心臓移植に成功した秋田県羽後町の安藤大輝君(12)が18日、秋田県庁で帰国報告の記者会見を開いた。16日に小学校を卒業したばかりで、「皆さんに助けてもらいました。中学生になったらいろいろなことにチャレンジして、勉強も頑張りたい」と喜びを語った。
 術後経過は良好で、先月の帰郷後は体調を見ながら小学校に通えるまでに回復。将来の夢を聞かれると「手術の後にニューヨークで食べたラーメンがおいしかった。ラーメン屋さんになりたい」と笑顔を見せた。
 支援する「ひろき君を救う会」には全国から目標額を5000万円上回る募金が集まった。同会は大輝君の体調変化に備えて余剰金を3年間凍結した上で、臓器移植の支援団体に引き継ぐ予定。 

【関連ニュース】
夫に執行猶予判決=「苦悩深さに同情の余地」
ガーゼへの助成求め署名提出=皮膚の難病患者ら、厚労省に
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功
来年1月14日まで意見募集=万能細胞から精子・卵子作成で
臓器つくる遺伝子全容ウェブに=成育医療センター、世界に公開

<講談社>「TOKYO1週間」「KASAI1週間」休刊へ(毎日新聞)
北方四島のビザなし交流に入港税「受け入れは困難」 政府答弁書(産経新聞)
伊吹山ドライブウェイ 除雪作業始まる 岐阜・滋賀(毎日新聞)
【K-1MAX】3・27日菜太、山本優弥の秘策を一蹴「“にわかサウスポー”には負けない」
クロマグロ禁輸否決 規制「まだ気許せぬ」漁業者なお警戒(河北新報)
posted by ヒラヤマ トシアキ at 14:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。